ポラス柏たなか150棟、減災まちびらき

 ポラスグループの中央グリーン開発(埼玉県越谷市、中内景太良社長)は9月8日、千葉県柏市で販売中の戸建分譲地「パレットコート柏たなかエヴァーシティ」(総戸数150棟)で防災・減災をテーマに街開きを開催、近隣住民や入居者など80組約200人が参加した。  当日は、住民有志が限られた量の水での炊き出しを実施したほか、川崎市から参加した減災ラボが発災直後、72時間後など、段階に応じた炊き出しレシピを再現 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月17日