【連載】住宅時評トレンドを斬るハウジングライター藤原利彦□985□、積水ハウスの新住宅ビジョン、無形資産を生み出す家、わが家を世界一幸せな場に

 積水ハウスは、9月7日の中間決算説明会で「BEYOND2020」に向け、コア事業、国際事業、ESG経営の3つのビジョンから長期ビジョンを発表した。  コア事業(請負住宅)のビジョンは「わが家を世界一幸せな場所にする」「人生100年時代の幸せをアシストする」。仲井嘉浩社長はコア事業のビジョンを、次のように説明した。  「2020年は創業60周年になる。“家が最も幸せな場所でなくてはならない”という ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月17日