三菱地所、アーバンライフTOB成立、関西圏の知名度生かす

 三菱地所は9月5日、東証2部上場のアーバンライフの株式公開買付けが9月4日に終了したと明らかにした。買い付け予定数は314万7070株で、下限の209万8000株を上回り、応募株券の全部を買い付ける。買い付け価格は1株2415円。  三菱地所は98・89%株式を保有するアーバンライフの親会社になる。今後、完全子会社化する予定。  アーバンライフは、京阪神地域を中心に「アーバンライフ」「アーバンコ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月10日