積水ハウス期初計画を下方修正

 積水ハウスは18年度の期初計画の売上高2兆1850億円を2兆1660億円に、営業利益2000億円を1850億円、営業利益率9・2%を8・5%に下方修正した。  修正の主な要因は賃貸住宅事業と国際事業によるもの。賃貸住宅事業は売上高4530億円を4220億円、営業利益620億円を530億円、営業利益率13・7%を12・6%に修正した。地方での融資の厳格化に起因するとした。今後は、安定した賃貸ニーズ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月10日