クローズアップ、全住協・優良事業表彰、6、ヴェレーナシティパレ・ド・シエル(横浜市磯子区)、大和地所レジデンス、高低差や眺望生かし112プラン

 京浜急行線屏風浦駅が最寄りの社宅跡地を開発した。各駅停車駅であるほか、約15メートルもの高低差のある敷地形状や法面地、古い擁壁、移管不能な私道などを抱える一方、“見晴らし”や“空の大きさ”に可能性を見出し、取得に至った。  高低差を生かし、地下緩和住戸を計画することで、基本プランからさらに約10%の住戸面積を増やし、事業性を高めるとともに、敷地端の崖下の用地も併せて取得することで、高低差をエレベ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月10日