ハウジング&コミュニティ助成事業、10団体が成果報告

 ハウジングアンドコミュニティ財団(大栗育夫理事長)は9月1日、住まいとコミュニティづくり活動助成事業の「2017年度成果発表会&まちづくりNPOの集い」を開催。(1)子どもと地域環境(2)地域資源の活用(3)住まいとコミュニティの交流の3テーマごとに、昨年度の助成対象の10団体による活動報告のほか、同財団評議員の卯月盛夫早稲田大学教授による基調講話「コミュニティ活動からの地域づくり--その新しい ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月10日