ポラスIoT大型分譲初弾、北習志野91棟10日で半数成約第1期33棟が好調、家電の遠隔操作で省エネ、“暮らしに寄り添う家”の実現目指す

 ポラスグループが大型戸建分譲地で初めて導入したIoT住宅の販売が好調だ。エリア強化を進める千葉県船橋市で開発中の「アドバンスドプレイス船橋・北習志野」(全91棟)は、8月10日に第1期販売(33棟)を開始。主にウェブの予告広告で約150組を集客、8月末まで実質約10日の稼動で、16棟が成約に至った。  新京成線・東葉高速鉄道線北習志野駅から徒歩13分に位置する官舎跡地1万3833平方メートルを ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月10日