全住協西日本豪雨で義援金

 全国住宅産業協会(神山和郎会長)は9月4日、7月の西日本豪雨の被災地に対し、日本赤十字社を通じて義援金1800万円(同協会300万円、会員1500万円)を送った。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月10日