【連載】これからの時代の「終活」「相続」「不動産」~困った時に困らせない知識と工夫~第11回、相続手続きの事務委任高橋禎美

 相続が起きた場合、相続手続きを行うのは残されて遺産を相続する「相続人」です。相続税がかかる場合は、10カ月に以内に申告をして納付する必要があります。何も準備や備えができていなかった場合に相続が発生してしまうと「相続税の申告が必要かどうか」「相続税がかかるのかどうか」「誰に相続税の申告書を作ってもらうか」など、たくさんのわからないことが山積になります。知り合いの税理士がいるからという人は、まだ心強 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月10日