現場の人手不足、“戦力期待”、外国人技能実習生に熱視線、規制緩和で導入加速、生産量と工期確保で効果

 少子高齢社会に伴う人口減少の本格化に伴い外国人技能実習生に対する注目が高まっている。「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(技能実習法)」が昨年11月1日に施行され、従来の3年から5年に実習期間も延長となった。特に建設の現場や工場作業、介護といった分野は、日本人が集まりにくいこともあって熱い視線が注がれており、アパートメーカーでも協力工務店を中心に外国人技能実習生を導入し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月10日