【連載】住宅時評トレンドを斬るハウジングライター藤原利彦□983□、旭化成H、付加価値賃貸が3割突破、高齢者賃貸も軌道に、4~7月の受注は5%増と好調

 旭化成ホームズは、このほど報道関係者向けに、付加価値賃貸(コミュニティー賃貸)の見学会を開催した。同社が推進するコミュニティー賃貸は、2006年に発表したペット共生型賃貸住宅「プラスわんプラスにゃん」、12年から手掛けている子育て共感賃貸住宅「母力」、14年に商品化したあんしん共有賃貸住宅「ニューサフォレ」、それに15年から本格展開している高齢者向け賃貸住宅「ヘーベルヴィレッジ」の4商品。今回の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月3日