「ものづくり」で差別化、伊藤忠都市開発松典男社長に聞く、物流やホテル、成長分野を強化

 伊藤忠都市開発の社長に今年6月就任した松典男氏は「本格的な少子高齢・人口減少社会を迎え、マンション分譲市場はかつてのように首都圏で6万戸、9万戸といった水準に戻ることはない。だが、国内不動産市場は投資ニーズの高まりなど、さまざまな事業ニーズがある。2007年に一新した『CREVIA(クレヴィア)』ブランドの存在感と市場シェアをキープしつつ、成長分野を強化して新たな事業ニーズにしっかりと対応してい ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月3日