納涼例会を初開催、会員結束で定例化、日管協

 日本賃貸住宅管理協会東京都支部(塩見紀昭支部長)は8月21日、都内で納涼例会を初めて開催した。正会員と特別会員を合わせて200人が参加。芸人による余興や抽選会、レクリエーションを催した。塩見支部長は、「会員同士の交流は業界の結束を強めるために重要。今回、東京都支部で初めてとなるこの企画を定例会として続けていきたい」と話した。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月3日