ボルテックス収益管理部にRPA導入、高度作業できる環境へ

 区分所有オフィスでの資産形成を提案するボルテックス(東京都千代田区、宮沢文彦社長)は8月30日、生産性の向上・ヒューマンエラーの低減を図る目的でRPA(ロボテック・プロセス・オートメーション)を収益管理部アカウンティング課に先行導入した。  データ入力などの業務を自動化することで効率を上げて社員の業務量を減らし、その余剰時間をほかの高度な作業に振り向けるようにする。先行導入するアカウンティング課 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月3日