ボルテックス、海外不動産1年以内に参入、区分所有オフィス中小経営の継続性に焦点国内開発も強化、区分所有オフィス中小経営の継続性に焦点国内開発も強化

 オフィスビルの区分所有での資産運用を提案するボルテックス(東京都千代田区、宮沢文彦社長)は、中小企業の事業継続性に焦点を当てて業績を伸ばしてきた中で新たなビジネス戦略も模索する。人口減少に伴う内需縮小に備え海外不動産への参入や開発事業の強化にアクセルを踏み込む。   ■  □  ■  ビジネスモデルは、オフィスビルを一棟取得して物件の付加価値を高めてから区分で販売する。例えば20坪の土地に建つ小 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月3日