成約数2カ月連続マイナス、アットホーム首都圏の賃貸新築都区部は約2割増加

 アットホームは8月28日、首都圏7月の賃貸物件の成約件数と成約賃料をまとめた。居住用賃貸の成約数は、1万6572件で前年同月比6・3%減少し2カ月連続のマイナスとなった。成約の47・4%を占める東京23区が同じく2カ月続けて減少するなどが響いた。  エリア別に見ると、東京23区は7848件(同4・8%減)、都下が1309件(同13・6%減)、神奈川県が4272件(同2・3%減)、埼玉県が1434 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年9月3日