野村不動産、稲城南山戸建て好発進、全区画140m2以上ゆとり、利便性を両立

 野村不動産が開発中の分譲戸建て「プラウドシーズン稲城南山」の第1期60戸、第1期2次15戸が連続で即日完売した。  京王相模原線稲城駅から徒歩6分(入り口まで)の総開発面積は約87万平方メートルの土地区画整理事業の保留地を開発。プラウドシーズン稲城南山は駅徒歩10分程度ながらも全区画140平方メートル以上のゆとりがある戸建てが5000万円台から手に入ることから、30代を中心にした子育て世帯の支持 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年7月30日