【連載】住宅時評トレンドを斬るハウジングライター藤原利彦□978□、10年後のビル改装需要は1259億円、10年間で30%の拡大予測、ドアは57%増、窓は26%増

 建築改装協会は、このほど「今後10年のビル改装需要予測」をまとめた。2017年度のビル改装需要は16年度実績を下回り、966億円と低迷したが、18年度は1023億円に回復し、これまでと同じように漸増を続け、10年後の27年の市場規模は1259億円(17年度比30%増)になると予測。  同協会では、毎年会員社(リクシル、YKKAP、三協立山三協アルミ社など15社)の住居ビル、一般ビル、学校、病院、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年7月23日