開発, 分譲

その他

フージャース東武建設、宇都宮に免震タワー、県内最高層31階建て中心市街地に238戸

フージャースコーポレーションと東武建設(栃木県日光市、関正一社長)は、参加組合員として参画する「宇都宮大手地区第一種市街地再開発事業」による県内最高層となる免震タワーマンションを販売する。8月にモデルオープンと販売を開始する予定。 大手地区は、古くから宇都宮市の商業の中心地として発展してきたものの、老朽化した建築物の建て替えや防災機能を備えたまちづくりが課題となっていた。2007年に再開発準備組 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2017年4月24日