行政

その他

シェアハウス、既存住宅転用に指針、住宅弱者向けに実態調査

国土交通省はシェアハウスの実態調査を実施するとともに、既存住宅をシェアハウスに転用する際の賃貸オーナー向けガイドブックを10月ごろに作成する。 国交省は2011年から2年ごとにシェアハウスに関する調査を実施している。改正住宅セーフティネット法に、シェアハウスの活用を盛り込んでいることから、4回目の今回は、住宅確保に配慮が必要な高齢者や障がい者、子育て世帯(以下、要配慮者)を対象にした調査を実施す ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2017年4月24日