その他

連載

【連載】CFネッツ流 大家実践塾、(236)納税猶予と2022年問題対策、大都市、地方で異なる制度、周辺状況の把握が不可欠

農地の相続税納税猶予はややこしい。適用条件が全国一律ではないからである。 大きく分けると、(1)三大都市圏の特定市と、(2)それ以外の市町村では大きく異なる。(1)三大都市圏の特定市は住宅需要の大きい地域なため、農地を潰して宅地が供給されるように方向付けられているのだ。三大都市圏の特定市というのは、関東圏を例にすると、ざっくり埼玉、千葉、東京、神奈川のほとんどの市と、茨城の一部の市である。 ( ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2017年4月17日