賃貸管理

連載

【連載】賃貸の夜明け、リーシングコンサルタント 沖野元、

3月26日の日本経済新聞朝刊に「アパート融資 異形の膨張」という記事が掲載されていた。金融機関による不動産向け融資が2016年に12兆円超と、過去最高を記録したという内容である。その融資の多くは相続税対策のためのアパート建設向けで、「ミニバブル」と表現してあった。複数のハウスメーカーが近距離で営業をかけるため、アパート間の入居者争奪戦と化している地域もあるとしている。 実際、昨年私が講演のため訪 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2017年4月10日