団体

その他

全宅管理、新規入会金を免除、3月の理事会で了承17年度事業計画など民法改正の対応も

全国賃貸不動産管理業協会(佐々木正勝会長)は3月22日、理事会を開催した。入会会員応援プロジェクトと17年度事業計画案を審議し了承した。応援プロジェクトでは、「全宅管理業務支援システム」利用者数の増加を目的に新規入会の入会金2万円を免除するほか、入会案内書1万部とポスター500部を作成する。前期末時点の会員数は6013件で1年前に比べて113社増えた。今期も純増ベースで同様の増加を見込む。 同協 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2017年4月10日