行政

その他

規制改革会議、手続き簡略化で登記促進、精算型遺贈など問題提起

規制改革推進会議投資等ワーキンググループ(以下WG)は5日、不動産登記の見直しに向けて、所有者不明問題の解決や登録手数料の低廉・無料化、無料公開、マイナンバーとのデータ連携などの論点を示した。法務省は難色を示したものの、WGは、次回までに所有者不明問題などへの対策を盛り込んだ政策パッケージを示すことを強く求めた。 WGは官民データの活用を重要課題と位置づけている。日本での不動産登記のオープンデー ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2017年4月10日