開発

その他

東京ミッドタウン開業10年に記念植樹桜を“継承”

東京ミッドタウンは3月30日、開業10周年を迎え、ソメイヨシノを記念植樹した。旧防衛庁から敷地内に移植した48本の樹木の枝を、植え替え用の苗木に育てた。寿命が約60年のソメイヨシノを再植樹によって残す”桜継承プロジェクト”。13年に取り組みを開始した。現在、茨城県古河市で30本の苗木を育てており、今後、既存のソメイヨシノの寿命に伴い、順次植え替えを進める。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2017年4月3日