団体

その他

保育待機児童問題に協力、都宅協港区支部区の要請受入れ

東京都宅地建物取引業協会港区支部(三ッ石孝司支部長)は3月29日、港区の武井雅昭港区長を迎え、保育待機児童問題を解消する建物課題についての要請を受けた。 三ッ石支部長は「支部会員に伝えたい。会員社からの物件がそれにふさわしいか否かを早めに審査されることを望んでいる」と応えた。定員60人程度の私立認可保育所の土地建物、もしくは定員20人未満で0歳から2歳児までが対象の私立小規模保育事業所のための建 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2017年4月3日