不動産流通・売買・仲介, リフォーム・リノベーション

その他

ストック再生ビジネス、資産活用で商機拡大、リノベーション編(2)、流通活性と売却益の二兎を追う

本格的な人口減少に突入し、不動産業界は、新築一辺倒では住宅事業は成長できないと危機感を募らせる。新築信仰の感が強かった開発大手でさえも社会構造の変化には抗あらがえない。一方で中古住宅の売り買いの仲介でしのぎを削ってきた流通各社にとって、この社会構造の変化はアプローチの仕方によってはビジネス好機だと捉え、住宅ストックを事業機会の増大につなげたい考えだ。ただ、単なる売買仲介では生き残れない。ブローカー ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2017年4月3日