開発, リフォーム・リノベーション

その他

京急グループ、空き家対策を本格化、リノベ付サブリースを開始

京浜急行電鉄グループは、沿線の空き家問題への新たな取り組みを相次いで開始する。グループを挙げ、リノベーション付きサブリース事業に参入する。さらに、傘下で空き家巡回などを代行する空き家管理サービスを手掛ける京急リブコは、空き家の駐車場を利活用する取り組みを開始する。 京急電鉄グループは、空き家物件を借り受け、改修した上で6年間サブリースするサービス「カリアゲ」を主に東京23区で展開し、500戸以上 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2017年4月3日