行政

その他

17年度予算、空き家流通へ新制度続々、情報整備や弱者支援など

政府は12月22日、2017年度の予算案を閣議決定した。このうち国土交通省の一般会計総額は前年度とほぼ同額の5兆7946億円となった。住宅・不動産関連では、空き家の所有者情報提供による利活用推進事業や、フラット35子育て支援型、住宅セーフティネット制度などを創設する。 全国版空き家・空き地バンクの構築に向けて、17年度はサイトに掲載する項目や各種情報を整理し、システムの標準化を実施。18年度に民 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2017年1月2日