不動産流通・売買・仲介

特集

【不動産流通特集】消費者向け情報発信、売買のスピード感を追求、テクノロジーと融合、新サービス相次ぎ投入

仲介各社は、バーチャルリアルティ(VR=仮想現実)を導入したり、自社で提供するサイトやアプリの機能を拡充し売却評価額を簡単に確認できるサービスなどで情報提供の多様化を進めている。IT活用に限らない。住宅購入検討者に物件の魅力を発信する方法として、中古マンションでモデルルームのように住戸内を飾って魅力的に見せるホームステージングというアナログな手法でも訴え始めた 中古物件にも仮想現実/スマート ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月19日