不動産流通・売買・仲介

特集

【不動産流通特集】インスペクション、流通活性化、質が決め手、改正宅建業法に期待、事業者の対応力の引上げ鍵

売り主と買い主が安心して取り引きできるよう今年5月にインスペクション(建物診断)活用を促す改正宅建業法が成立した。住宅ストックの流通活性化策の肝として位置付ける。築20年ほどで建物価値がゼロになってしまう現状が中古住宅の流通を阻害していることを受けて、しっかり手入れをしている住宅を適正に評価して資産価値に反映することで中古市場の活性化につなげる。仲介各社は積み上がる住宅ストックを収益に結び付ける。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月19日