不動産流通・売買・仲介

特集

【不動産流通特集】売買仲介マーケット、買い換え需要に期待、価格調整後に照準、消費者の住宅ニーズ底堅く

2016年の中古住宅市場は、年初以降の円高・株安が進んで経済見通しに不透明感が増したものの住宅売買は底堅かった。新築分譲マンションの価格高騰に引きずられるように中古マンションの販売価格も高額になった。だが、新築に比べれば割安であることと、新築供給が少なかったため、購入希望者の受け皿として機能した。当社の集計によると、主な仲介会社の4~9月の売買仲介実績は、取扱高・取扱価格・取扱件数を順調に伸ばして ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月19日