連載

【連載】弁護士・金子博人の重要判例ピックアップ(253)、分譲別荘地の管理契約解除、全体と不可分、個別解除認めず

【はじめに】 静岡県函南町の分譲地「南箱根ダイヤランド」は、昭和43年ごろから、Y社により開発が開始された。 総面積231万平方メートルの別荘地で、昭和45年10月から順次分譲を開始し、平成24年3月31日時点で分譲済みは、建物付土地が2591区画、土地のみが1609区画となっていた。 Xら(多数)は分譲地購入者で、Y社との間で「南箱根ダイヤランド管理契約」を締結していた。 その後、個別に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月19日