不動産投資・資産運用

その他

どう活用?相続した『親の家』、老後資金にアパート経営、駅3分でも、利便性、規制に課題

東京都内のマンションに住むAさんは相続した土地(古家付き)の有効活用策を検討している。真っ先に思いついたのは、アパート経営。定年を数年後に控え、老後の生活資金として魅力的なことに加えて、アパート経営者は裕福なイメージを持っていたからだ。具体的な検討を始めると、簡単ではないことも分かった。 ●不労所得で早期退職? 相続した土地は、東京市部の私鉄沿線、駅徒歩3分足らずの住宅街に位置する。「アパ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月19日