その他

連載

【連載】CFネッツ流 大家実践塾、(220)三浦市、下町・城ヶ島地区活性化事業(上)、既存のインフラに付加価値を創造、政・官・民で地域活性化を

当社が活性化事業を推進しているテーマは「昭和の漁師街テーマパーク」構想である。 三崎といえば「マグロ」を連想する人が多いが、実は地元の魚類もふんだんに水揚げされる。かつて遠洋漁業が盛んだった三崎港に隣接する商店街はとてつもない活気のあった街だったが、残念ながら現在は衰退の一途をたどっている。 しかしながら当時の盛栄の面影を残した文化的価値のある古民家や古商家が存在しており、これらを活用して地域 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月19日