団体

その他

17年以降の、業界を展望、REB―1000

建築・不動産の情報交流会、REB―1000社の会(清水修司理事長)は14日、2017年以降の業界を占う「望年会」を開催した。 清水理事長は「今日は世界情勢がわかる話になる」とあいさつした。 講演講師のひとりは、ジャパン・アセット・アドバイザーズ南一弘社長。オリンピック景気後の動向にふれ、日本はカントリーリスクの少ない国として、不動産に国外の金融資本が入ることを指摘。「成長なきマーケット」のもと ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月19日