行政

その他

アパート融資、実態を調査、金融庁地方銀行に資料提出求める

金融庁は、2015年1月に実施した相続増税への対策や低金利などの影響でアパートローン融資残高が増加傾向にあることを受けて、利用者の実態調査を始める。 今後、人口・世帯数が減少する中で賃貸住宅の供給が増え続けるリスクなどを分析することが目的。14日に地方銀行の業界団体に対して、実態調査を始めることを伝えた。 調査対象は東京圏以外でアパートローンの貸し出しが伸びているエリアを中心に、主に地方銀行か ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月19日