その他

その他

にぎわう門前町、古来からの“街づくりの知恵”

今年も残すところあとわずか。年末の忙しい仕事が終われば、まもなく正月。正月といえば初詣である。 首都圏では、明治神宮、成田山新勝寺、川崎大師平間寺などが例年300万人を超える人出でにぎわう。浅草寺、鶴岡八幡宮なども多くの参拝客を集める。 現在のような「初詣」は明治期以降に一般に広まったとされ、その大衆化に鉄道が一役買ったとも言われている。たしかに京成電鉄、京浜急行電鉄、成田鉄道(現JR成田線) ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月12日