開発, 統計・データ

その他

JLL調べオフィス市場、賃料ピーク予想は18年、17年投資額3.5兆円空室は拡大へ

ジョーンズ・ラング・ラサール(東京都千代田区、河西利信社長)は、東京のオフィス賃貸市場分析を「東京オフィスルネサンス 大量供給を迎えるオフィス市場と都市の活性化」にまとめた。 東京A・Bグレードオフィスビルは2020年までの5年間で230万平方メートルの新規需要を予測。空室率は20年に5.5%まで上昇するとした。賃料水準のピークは18年とし、19年以降は下落サイクルへとシフトする。17年について ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月12日