その他

連載

【連載】CFネッツ流 大家実践塾、(219)アルツハイマーと資産運用(下)、法人化で所有、運営を分離、信託なら二次相続もカバー

(前回からのつづき)法人を設立することによって資産運用、相続対策のタイムリミットを延ばすことができる。 法人化によって、資産の所有者と運営者を分けることができるからである。親が資本金を出資して法人を設立して、その運営を子に任せることができるのだ。 資金は基本的に現金で出資することになるため、現金資金の多い人に適した方法である。 不動産などを現物出資することも形式上は可能であるが、その評価に不 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月12日