行政

その他

外国人に対応する、観光案内所を補助、観光庁

観光庁は、訪日外国人旅行者向けに英語で対応できるスタッフが常駐し、広域の観光や交通情報を提供できるカテゴリーIIの外国人観光案内所への支援を始める。 日本政府観光局(JNTO)が認定したカテゴリーII以上の案内所の整備・改良、無料無線LAN環境の整備、案内標識やデジタルサイネージの設置、スタッフ研修、ホームページの多言語化などの経費のうち3分の1以内を補助する。民間事業者体などが対象で、16日ま ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月12日