行政

その他

最低客室数、撤廃求める、規制改革推進会議旅館業法改正に提言

規制改革推進会議は6日、「最低客室数」撤廃や「フロント設置義務」緩和を盛り込んだ旅館業規制の見直しに関する意見をまとめた。来年の通常国会での提出を目指している民泊法案に合わせて、厚生労働省が旅館業法改正法案の作成を進めていることから、構造設備の基準の規制をゼロベースで見直し、最適かつ最小の規制にすることを求めた。 具体的には、客室の最低数、寝具の種類、壁・ふすまなど客室の境の種類、採光・照明設備 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月12日