行政

その他

無電柱化推進法が可決、民法は持ち越しの見通し

無電柱化推進法が9日、参議院で可決し成立した。 同法は、電線を地下に埋設させるとともに、新たな電線の道路上での設置を抑制するための計画策定などを定めることを盛り込んだ。 成立を受けて今後、無電柱化推進の基本的な方針と計画期間、目標、総合的・計画的な施策、計画推進に必要な事項などを定めた「無電柱化推進計画」を国土交通相が策定する。 国会会期の期限が14日まで延長したことを受けて、自民党などは国 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月12日