行政

その他

簡易宿所、マンションで許可、福岡市旅館業法条例を改正

福岡市は、合法的な民泊を推進するために9月に改正した旅館業法施行条例を1日に施行した。 改正したのは、旅館施設と住居との混在を禁止する規定や、簡易宿所にフロント(帳場)設置を義務付ける規定など。一定の要件を満たすことで、これらの規定を適用しないなど基準を緩和した。これにより、マンションなどの1室でも宿泊施設を運営できるようになった。 フロント設置条例に関しては、国が4月に各自治体に運用緩和を求 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月12日