開発

その他

プロパティエージェント、コンパクトを強化、単身層を取込み大幅な供給不足見込む

プロパティエージェントは、今後の方針に「都市型ダイバーシティマンション」の開発・販売を掲げている。 「住んで良し、貸して良し、売って良し、資産へ」をコンセプトに、30~40平方メートルに単身者やDINKS世帯が住み、将来的に資産として売却・賃貸・保有など顧客のニーズの多様性に対応できる物件を開発する。 経済の不確実性やローンの低水準での推移などの影響に加え、晩婚化や少子化など社会構造の変化によ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月12日