開発

その他

バブルサッカーで交流、GLPがCSR活動第2弾、児童養護施設の小中学生と

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は、NPO・ハンズオン東京(東京都港区)を通じ、児童養護施設に暮らす小中学生10人とのスポーツ交流会を実施した。 同社は3月に同団体を通じ、物流施設「GLP三郷3」(埼玉県三郷市)で初の就業体験を実施した。今回はより個人間の交流を深めるため、バブルサッカー大会を開催。同社の社員8人ら総勢27人が触れ合った。参加した小中学生からは「またやりたい」 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月5日