行政

その他

「空き家相談窓口」設置を支援、東京都、ミサワホームなど3社選定

東京都は、相続などで発生した空き家の利活用や適正管理を図るための無料相談窓口を設置するモデル事業者として、ミサワホームと空家・空地管理センター、東京急行電鉄の3社を選定した。3社は1日に相談窓口を開設。都は3社に対して300万円を助成する。 相談を受けた際には、専門家や協力事業者と連携・協力して、売却や賃貸としての活用、管理の継続、子育て支援施設など公的な施設への転用などの情報を提供し、それぞれ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月5日