行政

その他

テレワーク、サテライト型を試行、総務省東急のシェアオフィス活用

総務省は11月29日、テレワークの積極的な実施を進めるために、東急電鉄が運営するシェアオフィス「New Work」を活用したサテライトオフィス型テレワークの試行を始めた。当面は首都圏で同省情報通信担当部局の職員が実施し、移動時間の短縮や柔軟な働き方などへの有効性を検証する。期間は来年3月末まで。 総務省は、テレワーク普及推進に向けた各省との連携強化と、総務省職員がテレワークを積極的に実施する取り ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月5日