開発

その他

三井不動産市街地再開発、豊洲駅前で免震複合開発、自由なオフィス、眺望ホテル

三井不動産は1日、代表施行者として推進中の「豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業2-1街区AC棟」に着工した。地下鉄有楽町線豊洲駅前の約1万9000平方メートルの敷地にオフィス・ホテル・商業複合ビルを開発するプロジェクト。起工祝賀会で菰田正信社長は「東京湾岸エリア最大級の業務機能を持ち、公共施設や商業施設と一体となる。新しい働き方やBCPニーズ手の対応などによって、魅力的なまちになるよう全力を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年12月5日