分譲

その他

ポラス、高砂建設アキュラホーム、浦和美園に環境型33棟、次世代スマートエネルギー特区共用部活用し電線地中化

ポラスグループの中央住宅(埼玉県越谷市、品川典久社長)、アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉社長)、埼玉県を拠点に木造注文住宅を手掛ける高砂建設(埼玉県蕨市、風間健社長)の3社は、国の地域活性化総合特区制度に基づく、さいたま市の「次世代自動車・スマートエネルギー特区事業」として、先進的な環境タウン「浦和美園E―フォレスト」のモデル街区を共同開発する。 3社はいずれも官民一体型の埼玉県住まいづく ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年11月28日